知らないと怖い、外資系の選び方

英会話ができることだけが必要なのではない

世界をまたにかけて働きたいと思って外国の企業に就職を考えている人も多いです。そのため学生時代から英会話の勉強をおこない、業務に支障のない会話レベルまでにある人もいます。英語を話せれば、あとは業務の知識やスキルが備わっていれば外資系の企業でも十分に活躍して働いていくことができます。 ただ外資系の企業は、日本の企業が最近そうであるようにその人個人のスキルが非常に求められるために、英会話が堪能であることに胡坐をかいて、業務のスキルのレベルアップをおこなわないと直ぐに首を切られてしまうことも当たり前のようにあります。突然それはやってくるので、自分の企業に対する成果を常に考えていないと生活が不安定になり痛い目をみることになります。

昇格や降格も日常茶飯事のこと

また中には外資系企業の日本法人で働く人もいます。いまではダイバーシティとなっているため日本法人でも多国籍の社員が多く、やはり英会話が必要になってきます。上の役職に立つほど、コミュニケーション能力が問われ、部下が働きやすいよう、成果が発揮しやすいようにマネジメントする力が必要になってきます。 外資系企業のドラスティックなところは、この上司の評価をその上司だけが行うわけではなく、部下もおこないます。一番求められるのは成果なので実績をつくれなければ即降格させられることも珍しくないのです。実績イコール、その人が部下をマネジメントして総力を引き出せなかったことに対する評価になるために、異動や昇格や降格は日常茶飯事のことで外資系には珍しいことではないのです。

外資系の求人は、中途採用者を対象としたものが多くあり、語学力や社会経験の長さなどが重要なポイントとして扱われています。