実際何書けば良いの、英語のメール

英語のメールは日本語よりも簡潔

ビジネスや学業の分野でも国際化が進んでいますから、英語でメールを書かなければならない機会は誰にでもあると言えます。外資系企業への転職を目指す場合は志望動機も英文メールで書く必要がありますし、日常的な会話と文書のやりとりにおいても英語が必須です。たとえ語彙が多く、文法的に正しい文章を書けるとしても、文化の違いに注意しましょう。 たとえば、日本語の手紙ではまず時候の挨拶がありますが、英語では簡単に自分について述べた後に本題に入るのが普通です。親しい友人が相手ならば「How are you」と書いて調子について尋ねますし、転職志望の場合は「I would like to visit your office」という言葉でアポイントを求めます。

難しい言葉を使う必要はない

簡単な挨拶とアポイントを求める文言を書いたら、次は経歴と志望動機を具体的に述べましょう。日本の場合は大学と企業名が重視される傾向がありますが、英語圏では何を成し遂げたかが大切であるとされています。自分にはこのような能力があって以前の会社に貢献することができました、御社で働けば必ず役に立ちますと、説得力のある内容を書いてください。 この時に大切なのは、英語力の高さを示すことではなく、自分が即戦力となる人材であると証明することです。英語のレベルは資格を履歴書に記載すれば証明できますから、わかりやすく意味が正確に伝わる文章にしてください。さすがに中学生レベルの英語では困りますが、辞書でしか見ないような難しい言葉ではなく、熱意を率直に表現できる文章を書くように心がけましょう。

英語で面接を受けることが決まっているなら、事前に対策を立てましょう。英会話教室でトレーニングを受けることもできます。