外資系転職って実際どんな感じ?

まず英語がほぼ完璧でないと厳しい

外資系への転職を考えるのであれば、まず土俵に立つことを考えなければなりません。その土俵とは英会話で、しかもネイティブレベルの実力と単語を知っていなければ駄目です。外資ということは、全てではありませんが外国人の上司やお客様と日々英語で会話して仕事をするので、聞き取れない単語ばかりであれば仕事になりません。 仕事を円滑に進める上では、日常会話レベルの単語だけでなく仕事に関する専門的な単語も知らなければいけません。専門的な単語に関しては入社してから覚えることも可能ですが、転職の場合は即戦力として入社する訳なので悠長なことは言っていられません。英語のことなら何一つ不安な点は無いというレベルまで上げておきたいです。

外国人の考え方を理解

外資系の転職を成功させるには、外国人の考え方を理解する必要があります。日本人と外国人は、同じ人類とは言えど考え方は大きく違います。それは言葉による影響が大きく、日本語は曖昧な表現がたくさんできますが、英語はイエスorノーの世界です。曖昧ではっきりしない態度をとると外国人を激高させる可能性があり、そうなると自身のチャンスも失うことになります。 そして、外国人を前にしても物怖じすることなく堂々とした振る舞いができるかどうかも重要です。英語を完璧に話せても、外国人の雰囲気や身長の高さなどに圧倒されて言いたいことが言えないなどすれば社員として戦力になりません。このように外資系企業には独特な難しさがあるという認識が大切です。

英語で履歴書を作成するにあたり、これまでの学業や職業の経験を端的に記載することや、難しい言い回しをなるべく避けることがコツです。