えーこんなんなんだ、英語での面接

英語と日本語の面接の違いって?

近年グローバル化が進み、外資系企業に就職を考える人も多いのではないでしょうか。その場合、外国人のマネージャーと英語で面接が必要な場合もあり、日本語での面接との違いを認識しておく必要があるでしょう。 日本語と英語の面接の大きな違いは、やはり英語面接では自分をどうアピールするかだと思います。自分の長所や過去の業績など、積極的に相手にアピールすることが大切です。日本語面接では謙虚な姿勢が評価されることもあると思いますが、英語面接では自分が会社の為に何が出来るか、なぜ会社が自分を雇うべきかなど、自分を積極的に売り込むことが良しとされているようです。また、自分の短所をいかに長所で補えるかということもアピール出来るようにしておきたいですね。

英語のメールで面接のフォローアップ

海外では面接の後にフォローアップのメールや手紙を書く人も多数いるようです。フォローアップと言っても結果を聞くのではなく、面接をしてくれた事に対してのお礼を送ります。やはり、時間を割いて面接をしてくれた相手に対してお礼を言えれば、相手に好印象を与えることも出来ます。メールではなく、お礼のカードを送る人もいるようで、面接直後など早ければ早いほど相手に好印象を与えることが出来ます。 英語での面接は、積極性や個性が尊重されるので、フォローアップなど少しの心遣いでライバルに差をつけるというのもアリですよね。日本語と英語の面接を違いをきちんと把握して、しっかりと準備をして面接に臨んで憧れのお仕事をゲットしてくださいね。